TEL 0172-87-1118
お問合せ
現在表示できません

絵はがき A-11 旧弘前偕行社中庭

110

  • 絵はがき A-11 旧弘前偕行社中庭

遑止園:藩政時代は、「九十九森」とよばれ、鷹狩場の一つでした。九代藩主寧親公が文化12年(1815年)に、別邸と庭園(前庭と後庭からなる大石武学流)をつくりました。

園名は、明治41年(1908年)、 皇太子嘉仁親王(大正天皇)がここに一泊されたとき「心が安らぐ(休まる)」ということで【遑止園(こうしえん)】と命名されました。

数量

Recently viewed items